総数 昨日 今日


Calario printerで“完全フチなし”印刷をめざす



 最近のEPSONのCalario(カラリオ) printerは「フチなし印刷」が売りのひとつです。これは、画像を拡大して印刷範囲が用紙をはみ出すことによって実現しています。私の計算では、印刷範囲は用紙面積の数%〜20%増になります。つまり、これだけのインクをスポンジに無駄に吸わせているのです。これではインクがもったいない格安の用紙、インクを買っても「はみ出しインク」で相殺されてしまう。勝手にトリミングもされてしまう。また、プリンタの位置の精度はそんなに悪くない。そこで、画像の周囲に余白を付け足して、はみ出す部分は白色にすることを考えました。当然、白色はインクを消費しませんので、インクの節約(数%〜20%)になります。年賀状制作等、大量印刷の際には特に有益です。是非ご利用下さい。
 【用紙】と【画像】と【はみ出し量】を設定(cf. 概略図)すれば、最適な付け足す余白量を計算します。下記の [注意]もお読み下さい。

 デジタルカメラサンプル画像リンク集を用意しましたので、テスト印刷に利用してみてはいかがでしょうか。


【設定】  [narrow版] [概略図]
用紙(幅方向)mm (長さ方向)mm


画像(幅方向)dots (長さ方向)dots
【(長さ方向最大)dots 】


はみ出し量(左右計)dots (上)dots
【計算】  実行する→  

画面上解像度 dpi 画面上画像幅 mm

印刷解像度 dpi 印刷画像幅 mm

はみ出し幅(左右計)mm (上)mm (下)mm

ファイル(幅方向)dots (長さ方向)dots ← 含 余白

余白(左) dots (右) dots (上) dots (下) dots

上余白+画像高 dots
【実践】この計算結果を利用して、余白をつける。

        1.Photonick編 [縮小版]
        2.Adobe Photoshop Elements編



[注意]
  1. こちらをご利用になった際のトラブル等についての責任は、一切とれませんのであらかじめご了承下さい。
  2. 基本的に三辺フチなしです。下に余白が出来ます。『画像(長さ方向)』が『画像(長さ方向最大値)』の時、つまり、用紙と画像の縦横の比がほぼ等しい時のみ、四辺フチなしになります。四辺フチなしにしたい時は、あらかじめそのような画像ファイルを用意して下さい。
  3. ボタンにない値は、直接入力してください。
  4. 『はみ出し幅(下)』が負の値の場合は、その絶対値が印刷した時の用紙の下の余白量を表します。
  5. 『画像(長さ方向)』が、『画像(長さ方向最大値)』を超える時は、画像の長さ方向を削ってください。
  6. 『画面上解像度』は、小数点以下を切り捨てて整数にしています。したがって、実際のはみ出し量は、設定した『はみ出し量』より若干大きくなります。
  7. 四辺フチなしのメーカー標準設定では、EPSON PhotoQuicker 3.1(定型紙)で上下左右各5mm、プリンタドライバで上3mm左右各2.5mm下5mm、ロール紙で左右各2.5mmそれぞれ拡大されます。(マニュアルによる。プリンタドライバはPM-830Cの場合。他機種は未確認)
  8. はみ出し量が調整できる機種では、はみ出し量を一番大きくしてください。
  9. EPSON PhotoQuicker3.1をご利用の際は、「レイアウトオプション」の「写真枠」で「トリミングしない」を指定して下さい。
  10. EPSON PhotoQuicker3.1で余白を付けることは出来ませんので、別のアプリケーションでつけた後、EPSON PhotoQuicker3.1をご利用下さい。
  11. EPSON PhotoQuicker3.2、EPSON PhotoQuicker3.3でも同様です。

[アンケート]
このページについて、どれか押してください。



ご意見、ご不満、ご要望、ご感想、ご質問等をこちらにお寄せ下さい。





[
home] [郵便振替]



Mac Amazon.co.jp アソシエイト

本当のおいしいチーズを食べたことありますか?

Copyright (C) 2001-2003 roseqz. All rights reserved.


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー