Photonick で、余白をつける



 前頁の計算結果とPhotonick(freeware) を利用して、余白をつける方法を説明します。あらかじめ、用紙設定で「四辺フチなし」を選び、印刷方向は「縦」にセットしてください。必要ならば、画像を回転させておいてください。

【必要な計算結果】
 『画面上解像度』、『ファイル(幅方向)』、『ファイル(長さ方向)』、『上余白+画像高

pref-0 [ファイル]→[初期設定]→[ファイル...]を開く。
pref-1 JPEG保存オプション」で「元ファイルのコメントを引き継ぐ」を選ぶ。
white パレット・ウィンドウ」で「背景色として白を使用」を選ぶ。(1のすぐ下)
dpi-1 [ファイル]→[解像度設定]→[解像度(dpi)...]を開く。
dpi-2 縦横比を固定する(1)」にチェックをする。

2に、『画面上解像度』を入力する。

実行を押す。
size-1 [画像]→[サイズ変更]→[画素サイズ...]を開く。
size-2 縦横比を固定する(1)」のチェックを外す。

横サイズ(2)」に、『ファイル(幅方向)』を入力する。

縦サイズ(3)」に、『上余白+画像高』を入力する。

4をチェックする。

実行(5)」を押していったん閉じる。
size-3 再び、[画像]→[サイズ変更]→[画素サイズ...]を開く。
size-4 1をチェックする。

縦サイズ(2)」に『ファイル(長さ方向)』を入力する。

実行(3)」を押して閉じる。

この後、このまま印刷するか、保存してEPSON PhotoQuicker3.1で印刷すれば、ほとんどトリミングされず(『はみ出し量』の設定にもよりますが...)に「フチなし」ができます。EPSON PhotoQuicker3.1をご利用の際は、「レイアウトオプション」の「写真枠」で「トリミングしない」を指定するのを忘れないでください。



プリンタドライバのプレビューで確認する。



おまけ:ちょっと、小遣い稼ぎをする。


Copyright (c) 2001 roseqz, All rights reserved.


広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー